Hyon Gyon ヒョンギョン

CV

1979年韓国生まれ。韓国MokWon大学で西洋画を学んだ後、2011年京都市立芸術大学大学院博士課程修了。現在、京都で制作を続けている。美しく凶暴な女性のありさまを描いたペインティングやパネルに布を焼き付けた布絵は、大胆な構図で圧倒的な力強さを表現する一方、細部には韓国の伝統的なパターンやポップの要素が、歴史や文化が混在するさまとして描かれている。
主な展示に「On a Knife Edge」 (京都芸術センター、京都、2011)、「Phantom of Asia」(アジアン・アート・ミュージアム、サンフランシスコ、2012)、京芸Transmit Program#3 「Mètis – 戦う美術-」(京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA、2012)他。アートステージシンガポール(2013)やニューヨークでの個展など国外でも精力的に活動している。2012年京都芸術文化特別奨励者認定。

Hyon Gyon (b. 1979, Korea) is currently based in Kyoto, Japan. Hyon Gyon produces dynamic paintings of vigorous female against the form of swell, enhanced by details and materials such as traditional Korean textiles applied on the surface of painting.
Her major exhibitions include Phantom of Asia (Asian Art Museum, San Francisco, 2012), Kyogei Art Transmit Program #3 “Metis” (Kyoto City University of Arts Art Gallery, Kyoto, 2012), On a Knife Edge (KYOTO ART CENTER, Kyoto, 2011) and a.a.t.m (Art Award Tokyo Marunouchi, Tokyo, 2007) Hyon Gyon also exhibited in ArtStage Singapore (2013) and exhibited in solo and group exhibition internationally. She received the Kyoto City Exception Art Cultural Achievement Grant—Future Possibility, Japan.