看護師と医療事務のおしごと裏事情

学生バイトで医療事務。看護師に憧れ転職する人も!

学生バイトで医療事務。看護師に憧れ転職する人も!

20代 現在は3人家族、医療機関勤務、相談員。当時は、学生
大学学生時代に大学の求人で見つけた、個人診療所で働いていました。

どんな業務?

受付業務。患者さんの対応や検査の説明。掃除。インテーク・会計でした。
1日3~4時間のバイトで、時給800円でやっていました。

学生バイト

当時、学生のアルバイトで医療事務の仕事をしていました。探せば、そんなところもまだあるのかなとも思います。当時は、受付全員がアルバイトで受付をしていました。受付と、インテークと、会計などの仕事でした。アルバイトでしていましたが、結局就職先は、現在は医療機関で働いています。

資格を取る

病院の関係や介護の仕事が今は増えています。専門の資格をとれる学校が多いので、資格をとって、何が向いているのかを考えても良いのかなと思います。医療事務から、看護師の資格を目指したり、別の職種に資格を取り直して働いているという人も多いです。一緒に働いていると、給料などの待遇面で看護師を意識してしまうのでしょうか。

女性が多い職場は人間関係が重要

一般の職場よりも独特というか、女性が多いためか、人間関係が結構重要です。職種も色々と違うので、できれば、同じ職種の人が多い職場のほうが、団結感があって、仕事をし易いとも感じます。基本的に、患者さんにやさしい人が医療の仕事についていることが多いのですが、案外職員には、厳しかったりということもよくあります。その辺を、上手に世渡りすることが出来る人は、特に人間関係で悩まずにも仕事ができているのだと思います。周りの人への気配りも求められるので、自分の仕事が終わったら、帰れるという感じではないのが、チームでの仕事ということになります。周りへの気配りが必要な職場です。これができて当たり前という目で見られることも多々あります。

看護師へ転職

実際に当時一緒にアルバイトで受付をしていた子が、アルバイトがきっかけで看護師になりたい言い、看護学校の受験をしていました。
ただ看護実習はかなり大変だったみたいです。
ボロボロになりながらもやり遂げたみたいですが、その後の看護の世界もイジメが横行していて大変だとか。
いま看護師4年目だそうですが、辞めたいとかなんとか・・・。

看護師になるなら要注意です。

看護師・医療事務の実態

看護師と医療事務のおしごと裏事情